実はスゴい!唾液の役割The role of saliva


口の中を潤してくれる唾液。じつは、私たちの体にさまざまな効果をもたらしてくれています。

(1)消化を助ける
まず1つめに、唾液は食べたものの消化を助ける役割を担っています。唾液には、アミラーゼという消化酵素が含まれています。アミラーゼにはデンプンを糖に変える作用があり、この作用のおかげで胃腸の負担を軽減することができます。アミラーゼの量は、唾液の量と比例しています。

(2)口の粘膜を保護する
2つめに、唾液は口の中の粘膜を保護する働きをしています。口に入る食べ物を滑らかにし、スムーズに食道へ移動できるようにしています。もしお口の中がカラカラに渇いていたら……と想像してみると、どうでしょう? 口の中に食べ物が張り付いて、とても食べづらそうですね。また、お口の中が渇いていると、会話もしにくくなります。

(3)口腔内の自浄作用
3つめの効果は、自浄作用です。唾液は、食べかすを洗い流し、口の中を清潔に保ちます。また殺菌作用で虫歯を予防する効果もあります。食後にガムを噛むと良いといわれるのは、唾液がたくさん分泌されるからです。
歯に良いガムといえばキシリトール入りのものを連想される方が多いと思いますが、キシリトールの入っていないガムでも自浄効果はあります。噛むことで唾液の分泌を活発にできればよいのです。

(4)歯の再石灰化
4つめに、歯の再石灰化です。唾液中に含まれる「カルシウムイオン」や「リン酸イオン」の効果により、傷ついた歯の再石灰化を促します。
虫歯の初期は、歯の表面が少し傷ついている状態です。唾液に含まれる成分が、歯のエナメル質を新しく形成し、傷をカバーしてくれます。ただし、初期の虫歯程度の小さな傷はカバーできても、大きな傷をカバーすることはできません。

(5)細菌の増殖を防ぐ
5つめに、細菌の増殖を防ぐ働きがあります。唾液の中には、「リゾチーム」や「ラクトフェリン」といった成分が含まれており、これらが細菌の増殖を防ぎます。
また、「ペルオキシダーゼ」も唾液に含まれる成分の一つで、こちらはなんと、がんの発生原因にもなる活性酵素を抑制する作用を持っています。

唾液はどこから出てくるの?

唾液は、唾液腺と呼ばれる部分で作られます。唾液腺には、「耳下腺」「舌下腺」「顎下腺」などがあり、それぞれの場所で作られた唾液は、管を通って口腔内へと向かい、お口の中にある開口部から分泌されているのです。
開口部は、下の前歯から2センチくらい下がったところにあります。下顎と舌とを繋ぐ細いスジ(小帯)を舌先でたどっていくと、歯茎の内側にたどり着きますね。下の前歯の裏側あたりの、両サイドにあるポチポチしたもの。そこが開口部です。唾液はそこから出てきます。

唾液が少なくなる原因は?

物理的な原因としては、唾液腺の開口部が詰まっている可能性が挙げられます。
唾液の中のカルシウム成分が固まると、「唾石」という物質になります。この唾石が、開口部に詰まってしまうと、唾液がスムーズに出てくることができなくなります。
分泌そのものには問題がなく、唾液腺の末端まで押し出されてきているのに、出口のところで石が管に詰まってしまっている状態です。唾液の分泌が阻害されるため、こうした場合は手術が必要です。

唾液が少なくなる原因は、他にもいろいろあります。身近で一番多いのは、ストレスによるものです。
緊張して口の中が渇いてしまい、喋りづらくなった経験はありませんか? 唾液の分泌を根本的にコントロールしているのは、自律神経です。過度なストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌も正常にできなくなってしまいます。リラックスしているときは、お口の中は潤っています。

その他にも、お酒の飲みすぎや、薬の影響、加齢などが原因となります。アルコールは、唾液の分泌量を減らすと言われています。
また鼻水を抑制する薬(免疫抑制剤)でも、唾液の量が減ることがあります。鎮痛剤、抗ヒスタミン剤も、唾液の分泌量を低下させます。何かを抑える薬は、唾液に影響があることが多いのです。
そして、加齢によっても唾液の分泌量は減ります。個人差はありますが、年をとると全体的に唾液の量が減ってくるのが普通です。
また、食生活が原因となることもあります。唾液は噛むことによって分泌されるため、柔らかいものばかりを食べていると、分泌量が減るのです。

唾液が減ると起きることは?

さまざまな役割を果たしている、唾液。その分泌が少なくなると、色々な問題を引き起こします。

まず、消化不良になりやすくなります。
次に、口の粘膜を保護する働きが減るため、口の中が傷つきやすくなったり、口内炎になりやすくなります。
そして自浄作用が減り、口の中を清潔に保てなくなります。歯周病リスクがアップしたり、虫歯になりやすくなったり、といった可能性が高まります。
さらに、歯石が付着しやすくなります。
そして最後に、細菌の増殖を抑える効果が少なくなるため、風邪をひきやすくなったり、病気になるリスクが高まるといったことも考えられます。

4つめの「歯石」について、少し補足しておきましょう。
歯石とは、歯についた歯垢(プラーク)が時間を経て、石のように硬くなったものです。付着してからわずか二日ほどで、歯垢は歯石になると言われています。
食事をすると、歯に食べかすが付着しますよね。この食べかすを栄養源として、お口の中では細菌が急激に増えます。増えた細菌の塊になったもののことを、プラークといいます。
プラークに唾液中のカルシウムなどが浸み込んで、硬い石のような「歯石」に変化します。このため歯石は、唾液が多く溜まりやすい、歯の隙間などにできやすいものです。上顎の奥歯の外側に歯石がつきやすいと言われますが、これは唾液の開口部が上の左右奥歯の外側にもあるためです。

プラーク(歯垢)は歯みがきで落とせますが、歯石になってしまうと、通常の歯みがきではほとんど取ることができません。こまめにプラークを落とすことで、歯石を予防することができます。ですから、きちんと歯を磨くことが大切です。

急増するドライマウスとは

ドライマウスとは、唾液の分泌量が低下して起きる症状のこと。のどが渇く、口の中が乾燥する、食事がしにくい、口の中がネバネバする、などの状態です。
ドライマウスを防ぐためには、ガムを噛むのが効果的です。また、梅干しなどすっぱいものを食べることも、唾液の分泌を促すため効果があります。

目が覚めているときはそういった対策をすれば良いのですが、気を付けなければいけないのは、寝ているときです。睡眠中は、どうしても唾液の分泌量が低下し、ドライマウスの状態となります。喉に侵入してくる細菌に対しても、とても無防備な状態です。

風邪などのウイルスは、喉から体内に入り込みます。ドライマウスの状態では、口の中でも菌が増殖しやすいため、寝ているときが危険なのです。プロの歌手やスポーツ選手の中には、ステージや試合の前にはマスクをして寝るという方もいるぐらいです。

ドライマウスを予防する手段として、ガムやマスクの他にも習慣づけたいことは、やはり「よく噛んで食べること」です。よく噛むことで唾液の分泌が促進され、ドライマウスを防ぐことができるのです。
他にも、部屋を乾燥させないことや、唾液腺の分泌を促すマッサージなど、いろいろな方法があります。

また、ドライマウスは「全身性疾患シェーグレン症候群」という病気の一症状としても挙げられています。この病気は、全身のさまざまな分泌腺が乾いてしまうというもので、ドライアイなど他の複数の症状にも心当たりがある場合には、少し注意が必要です。

>>アトラスタワー歯科コラムに戻る

アトラスタワー歯科

お電話でのお問い合わせは03-5721-4188まで 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 アトラスタワー2F 東横線、日比谷線中目黒駅徒歩30秒
火曜から木曜の10:30〜13:00および15:00〜19:30が診療時間です。月・日・祝祭日は休診日となります。
Copyright © 医療法人社団 山手会 アトラスタワーデンタルクリニック All Rights Reserved.