矯正中の歯のケアと矯正のステップTOOTH CARE


矯正中の歯のケア

矯正をしている期間は装置がついた状態なので、磨きにくいところは、毎回超音波でクリーニングをおこないます。
大体のクリニックでは矯正のチェックは月に1回ですが、当院は月に2回実施しています。
その際にクリーニングも行います。クリーニングを月2回実施しているところは、なかなか少ないのではないでしょうか。

矯正のステップ

最初に通常通り矯正の精密検査を行い、患者様の希望をお聞きし、治療修了までに何ステップのマウスピースが必要かなどの治療計画を立てます。
それぞれのステップ毎に、ソフトタイプ・ハードタイプのマウスピースを用意し、最初の1週間をソフトタイプの軽い力で動かし、慣れた後半の2週間をハードタイプで歯を動かします。
そして、予定通りの位置に歯が動いていることを確認した後、歯型をとり、次のステップへと進んで行きます。

同じような取り外し式のマウスピースタイプに“インビザライン®”というものがありますが、こちらは最初の歯型の模型をコンピューター上で3D情報に置き換えて、1回あたりの歯の移動量、方向を計算してシミュレーションして歯を並べ直し、最終ステップまで一括してアメリカでマウスピースを作成し、それを順番に患者様にお渡しして使用して頂くというものです。
この方法は、途中の虫歯治療等で歯の形が変わってしまうと、それ以降の既に作ってあるマウスピースが全て使えなくなってしまうなどの問題がありますが、何度も歯型をとらなくて良い、通院回数が少なくて済むなどのメリットもあります。
このタイプの取り外しが可能な矯正法で注意して頂きたい点は、ワイヤー等の矯正装置を用いないので、一見とても簡単に矯正できるように思われがちですが、実際に行ってみるとマウスピースタイプを使用することが面倒になり、途中でリタイヤしてしまう場合がある事や、歯を伸ばす方向などの力をかけにくい事、抜歯症例など歯の移動量が大きいケースには向かない事、といった欠点もあるという事です。
よって、事前の十分なカウンセリングが必要です。

当院では、クリアアライナーで矯正治療をスタートして、やはり自分が続けるにはどうしても困難であると判断し、通常の針金を通すタイプの矯正への移行を希望される場合には、それまでに費やしたクリアアライナー代金の半額を、通常の矯正装置代へと充当させて頂いております。
※インビザラインの場合は一括して、最後のステップまでのマウスピースを作製致しますので、途中での治療方針の変更はできません。
(Invisalign®, clincheck®,インビザライン®およびクリンチェック®は、米国法人Align Technology,Inc.の登録商標です。) 

>>アトラスタワー歯科コラムに戻る

アトラスタワー歯科

お電話でのお問い合わせは03-5721-4188まで 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 アトラスタワー2F 東横線、日比谷線中目黒駅徒歩30秒
火曜から木曜の10:30〜13:00および15:00〜19:30が診療時間です。月・日・祝祭日は休診日となります。
Copyright © 医療法人社団 山手会 アトラスタワーデンタルクリニック All Rights Reserved.