入れ歯治療denture

目立たない入れ歯「フレキサイト」

目立たない入れ歯「フレキサイト」虫歯や歯周病、事故などによって歯が何本も抜けてしまい、入れ歯の使用を余儀なくされている方は非常に多くいらっしゃいます。 そんな方に「入れ歯で何が一番困るか」というアンケートを取ると、以下のような答えが返ってきました。

留め金が目立つのが嫌
すぐに外れてしまう
不潔になりやすく、口臭の原因となりやすい
うまく噛めない、噛むと痛い

そんな悩みを解決するのが「フレキサイト」です。 フレキサイトはアメリカの「Rapid Injection System」によって開発された、約30年の臨床実験を持つ入れ歯です。

入れ歯は、ピンク色の床・クラスプ(留め金)・人工歯などで構成されています。 フレキサイトではピンク色の部分に従来の「レジン」という堅い樹脂ではなく、 「ポリアミドナイロン」という柔軟性のある樹脂を採用。これによって床に残っている自分の歯を巻き込むような形にして、 金属クラスプを使わずに入れ歯を外れにくくしています。

この方法だと、金属クラスプよりもしっかりと入れ歯が固定されるため、入れ歯自体を従来よりもずっと小さくできるのです。

フレキサイトの使用例

こちらのケースでは写真右端の3本が欠損しているためその部分に入れ歯を作り、 それを外れにくくするためのクラスプが左上2ヵ所と右上1ヵ所にあります。 そのクラスプを連結するために、床も上顎の半分くらいを覆う設計となっていました。

これをフレキサイトを使用することにより、治療後の写真のようにクラスプのない設計にできるため、床の大きさを半分くらいにできます。 見た目にもスッキリし、入れ歯による異物感も減少させることができました。

  • 使用前before

    治療前治療前

    従来の入れ歯では、左上3本の人工歯を支えるためにクラスプ3本と大きなレジン床が必要でした。

  • 使用後after

    治療後治療後

    フレキサイトを用いるとクラスプは必要なく、床も半分程度の大きさになってスッキリします。

フレキサイトは、最近問題となっている残留モノマーに対するアレルギーの心配がありません。吸水性も従来のレジンに比べ格段に低く汚れも付きにくいため、不快な口臭の発生を押さえることができ衛生的です。

フレキサイトはまさしく、歯科医自身が入れ歯を使うときが来たら作りたい入れ歯なのです。

CONTENTS MENU

  • コンセプト
  • 診療メニュー
  • ドクター紹介
  • 料金案内
  • 医院概要
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 取材情報
  • よくあるご質問
  • 24時間対応!WEB予約 パソコンでもスマホでもOK!
  • アトラスタワーデンタルオフィス
  • よくあるご質問

アトラスタワー歯科

お電話でのお問い合わせは03-5721-4188まで 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 アトラスタワー2F 東横線、日比谷線中目黒駅徒歩30秒
火曜から木曜の10:30〜13:00および15:00〜19:30が診療時間です。月・日・祝祭日は休診日となります。
Copyright © 医療法人社団 山手会 アトラスタワーデンタルクリニック All Rights Reserved.