矯正装置の種類about orthodontics

現在、当院で扱っている矯正装置には、舌側(裏側)1種類、表側3種類があります。

アトラスタワーデンタルクリニックで治療した症例

ひと昔前までは「矯正はしたいけれど装置が見えるのが嫌」という方が大多数でした。
しかし現在では舌側(裏側)矯正が主流になってきたため、
成人の方でも周囲の目を気にせずに矯正治療ができるようになっています。

受け口
出っ歯
八重歯
乱ぐい歯
舌側(スモールタイプ)

舌側(スモールタイプ)

当院の舌側装置は世界最小タイプですので、舌触りも良く、発音などの点で負担が最も軽いタイプとなっております。
これにより、症例を選ばず舌側(裏側)矯正を希望される皆様に発音などの点での負担を軽減して治療を受けていただくことが可能となりました。 この機会に裏側矯正に取り組んでみてください。

セラミック

セラミック

一般的に表側の白い装置には、プラスチックでできたものセラミックでできたおのが、ありますが、プラスチックのタイプですと、治療中に黄色く変色したり、壊れたりしやすいのですが、当院の白い装置は100%セラミックですので、変色等は一切ございません。

表側(メタル)

表側(メタル)

もっとも歴史のある、昔からあるタイプの矯正装置です。
丈夫な上にコストもかからないので、矯正中の見た目を気にしない方であれば、この装置で十分だと思います。

クリアアライナー&インビザライン

クリアアライナー&インビザライン

クリアアライナーは取り外し式の透明なマウスピースタイプの装置です。
最初に、通常通り矯正の精密検査を行い、患者様の希望をお聞きし、 治療修了までに何ステップのマウスピースが必要か等の治療計画を立てます。

それぞれのステップ毎に、ソフトタイプ・ハードタイプのマウスピースを用意し、 最初の1週間をソフトタイプの軽い力で動かし、慣れた後半の2週間をハードタイプで歯を動かします。
そして、予定通りの位置に歯が動いていることを確認した後、歯型をとり、次のステップへと進んで行きます。

同じような取り外し式のマウスピースタイプに“インビザライン®”というものがありますが、 こちらは最初の歯型の模型をコンピューター上で3D情報に置き換えて、 1回あたりの歯の移動量、方向を計算してシミュレーションして歯を並べ直し、 最終ステップまで一括して、アメリカでマウスピースを作成し、 それを順番に患者様にお渡しして使用して頂くというものです。
この方法は、途中の虫歯治療等で歯の形が変わってしまうと、 それ以降の既に作ってあるマウスピースが全て使えなくなってしまう等の問題がありますが、 何度も歯型を採らなくて良い、通院回数が少なくて済む等のメリットもあります。

ご注意

このタイプの取り外しがきく矯正法は、ワイヤー等の矯正装置を用いないので、 一見、すごく簡単に矯正できるように思われがちですが、実際に行ってみると、マウスピースタイプを使用することが面倒になり、途中でリタイヤしてしまう事や、歯を伸ばす方向等の力をかけにくい事、抜歯症例等の歯の移動量が大きいケースには向かない事、 等の欠点もありますので、事前の十分なカウンセリングが必要です。
アトラスタワーデンタルクリニックでは、クリアアライナーで矯正治療をスタートして、やはり自分が続けるにはどうしても困難であると判断し、通常の針金を通すタイプの矯正への移行を希望される場合には、それまでに費やしたクリアアライナー代金の半額を、通常の矯正装置代へと充当させて頂いております。

インビザラインの場合は一括して、最後のステップまでのマウスピースを作製致しますので、途中での治療方針の変更はできません。

矯正用インプラントabout orthodontics

矯正用のインプラントを歯を移動する際の固定源として用いることにより、従来困難であったガミースマイル(笑った時に歯ぐきが目出つ)の改善や大幅な出っ歯の改善などができるようになりました。

矯正用インプラント出っ歯の治療のため、左右の第一小臼歯を抜歯して奥へ引っ張る際に、インプラントを用いない場合は、奥歯と前歯の引っ張り合いになりますので、抜歯スペースの3分の1位は奥歯が前へずれてしまいますが、 インプラントを植立して、そこを固定源として前歯を引っ張りますのでより多く前歯を奥へ引っ張る事ができます。

矯正用インプラント従来は改善が困難であったガミースマイルのケースではインプラントを前歯部の歯肉の上へ植立し、前歯に透明なボタンを接着し、インプラントからボタンへゴムをかけることにより、前歯を歯肉方向へ沈め、 それに従って歯肉ラインを上へ上げることができるようになりました。

矯正用インプラントは、直径1.5ミリ、長さ数ミリ程度の非常に小さなインプラントで、植立の手術時間は1本5分程度です。
術後の疼痛はほんとどありませんが、インプラントのヘッド部分が舌や口唇に触れるとイガイガ感があります。
インプラントは治療が終了に近づいてきた段階で撤去します。

矯正の診断基準about orthodontics

矯正をする場合に、抜歯をするかしないかというのが重要なポイントとなりますが、その判断基準となるのがE-ライン(鼻と顎を結ぶライン)です。

  • 矯正治療前before

    矯正前

    治療前はEラインよりわずかに口元が出ています。

  • 抜歯をしない場合after1

    抜歯をしない場合

    歯を抜かないで歯並びを整えようとすると、歯列弓を外側へ拡大することになりますので、口元が外側へ出てしまいます。

  • 抜歯をした場合after2

    抜歯をした場合

    抜歯をすると歯並びが整い、口元が少し内側へ引っ込んで理想的な口元になります。

写真をクリックすると拡大します

E-ラインより口元が引っ込んでいる場合には抜歯をせず、歯並びを全体的に外側に出すことでスペースを確保して整えます。
最初からE-ラインより口元が出ている方の場合は、犬歯の後の歯を左右1本ずつ抜歯します。そこにできたスペースの方向へ、犬歯から順番に後ろに引っぱって前歯の重なりを取っていく方法が無難です。

抜歯をするかしないかで、どのように口元が変化するのかは少し実感がつかみにくいものです。
当院では、最新のコンピューターでシミュレーションしたデータを基に治療方針を相談しながら決めていきますのでご安心ください。

アトラスタワー歯科で治療した症例case

ひと昔前までは「矯正はしたいけれど装置が見えるのが嫌」という方が大多数でした。
しかし現在では舌側(裏側)矯正が主流になってきたため、成人の方でも周囲の目を気にせずに矯正治療ができるようになっています。

舌側(裏側)矯正と表側矯正の症例

  • 治療前before

    治療前

    舌側(裏側)矯正はほとんどの症例で可能です。

  • 治療中progress

    治療中治療中

    笑った時に目立つ上だけ舌側(裏側)矯正で、下は表側矯正という方もよくいらっしゃいます。

  • 治療後after

    治療後

    舌側(裏側)矯正も表側矯正も治療期間は約2年程度です。

  • 治療前before

    治療前

    八重歯が気になるとのことで来院。

  • 治療後after

    治療前

    2年間の舌側(裏側)矯正で、キレイな歯並びと横顔になった。

写真をクリックすると拡大します

CONTENTS MENU

  • コンセプト
  • 診療メニュー
  • ドクター紹介
  • 料金案内
  • 医院概要
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 冷凍保存移植治療とは
  • 求人情報
  • 取材情報
  • よくあるご質問
  • 24時間対応!WEB予約 パソコンでもスマホでもOK!
  • アトラスタワーデンタルオフィス
  • よくあるご質問

アトラスタワー歯科

お電話でのお問い合わせは03-5721-4188まで 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 アトラスタワー2F 東横線、日比谷線中目黒駅徒歩30秒
火曜から木曜の10:30〜13:00および15:00〜19:30が診療時間です。月・日・祝祭日は休診日となります。
Copyright © 医療法人社団 山手会 アトラスタワーデンタルクリニック All Rights Reserved.