メインメニュー

アトラスタワー歯科のシミュレーションSIMULATION


矯正のレントゲンで大切なのはセファロという横顔のレントゲンなのですが、当院は、そのセファロ分析をするシステムが充実しています。
矯正治療の診断において最も重要なのは抜歯(歯を抜く必要があるかどうか)ですが、その判断基準というのが、口元を本格的に引っ込めたいかどうかになります。
そして、口元を引っ込める=スペースが必要ですので、そのスペースをしっかり確保するとなりますと、やはり歯を抜く必要があります。
当院では、抜いた場合横顔がどのように変化するかを、Quick Cephという分析ソフトを使ってシミュレーションします。
もし歯を抜くとどれだけ引っ込むかを、Quick Cephでシミュレーションして見て頂くわけです。
そして、どこまで口元を引っ込めたいのか、あるいはそこまで引っ込めなくて良いから歯は抜きたくない、などレントゲン写真も使いながら、しっかり相談して決めていきます。

当ホームページの矯正の診断基準という項目に、抜歯をした場合と抜歯をしない場合の画像を載せております。
Eラインというのがありまして、鼻の先と顎を結ぶ線を指します。
こちらが診断基準になります。このEラインよりも口元が出ている場合は、だいたい歯を抜く方がお薦めです。
どちらも歯並びは整いますが、抜かない場合は少し口元が出て仕上がります。
抜くとEラインの内側に収まって仕上がります。

よく、健康な歯を抜いてまで矯正をしたくないとか、抜かずに矯正が出来る医院があるので、そちらを選んだとおっしゃる方がおられますが、全くナンセンスな話です。
どこの矯正歯科でも、抜歯をしてもしなくても矯正は出来ますが、仕上がりがここまで違いますと、きちんと明確に患者様に提示する必要があると思います。
それをきちんと分析できるソフトは非常にコストがかかる設備ですので、導入しているクリニックはとても少ないのが現状です。
ですが、このシミュレーターできちんと説明してくれるかどうかは、非常に重要なポイントです。

>>アトラスタワー歯科コラムに戻る

アトラスタワー歯科

お電話でのお問い合わせは03-5721-4188まで 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 アトラスタワー2F 東横線、日比谷線中目黒駅徒歩30秒
火曜から木曜の10:30〜13:00および15:00〜19:30が診療時間です。月・日・祝祭日は休診日となります。
Copyright © 医療法人社団 山手会 アトラスタワーデンタルクリニック All Rights Reserved.