部分矯正

上下顎の前歯の乱杭歯を部分矯正で治した症例

2021/5/07
治療前
治療後
はじめの相談内容
上下顎の前歯の乱杭歯が気になるとのことでご来院されました。
治療内容
上下顎8本ずつの歯の裏側に装置を接着。歯と歯の間を少しずつ削合(ディスキング)して、出っ歯にならないように配慮しながら整列。約8ヶ月で上下共に保定に移行しました。
費用
合計668,800円(税込)
<内訳>
検査料33,000円
装置料550,000円
チェック料6,600円×8
保定装置料16,500円×2
治療リスク

<歯槽骨の減少、及び歯肉退縮>
歯を動かす事により、土台である顎の骨に負担がかかりますので、歯槽骨が少し減少することがあります。歯槽骨が減少すれば、それに伴い歯茎も痩せてくる場合がありますが、歯槽骨の厚みには個人差があり、殆どの場合には目に見えるような歯茎の退縮はないものですが、前歯の歯槽骨は薄いので歯茎が退縮することがあります。

<歯根の吸収>
硬い骨の中で硬い歯を動かしていきますので、歯槽骨が吸収していくのと同じように、歯根にも僅かな吸収が生じる場合がありますが将来的に大きな問題が生じる場合は殆どありません。

<歯髄切断による歯の変色>
矯正中、及び保定へ移行してからしばらくの間は歯が動揺します。前歯で移動量が大きな場合や、成人で加齢とともに歯髄が細い場合などには、歯髄切断が稀に生じることがあります。歯髄の切断が生じると変色や痛みを伴い、歯の神経の治療が必要となる場合がありますが抜歯することはありません。

<骨性癒着(歯根癒着)>
転倒、事故などで何らかの外傷で脱離したり、脱臼した後に歯を戻した場合に起きやすく、歯根膜の損傷が主な原因と考えられています。その他、感染根管による長期的炎症にさらされた時にも起きます。歯根と歯槽骨が骨癒着している場合、矯正でその歯を動かす事が出来ません。部分的な骨性癒着は、事前にレントゲン等で判別するのは不可能であり、矯正中に気づく事が殆どです。その場合は、抜歯をして補綴治療やインプラントが必要になる場合があります。

症例写真一覧

治療前
01
治療中
02
治療後
03
その他の症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/08
上顎前歯の出っ歯感と下顎の乱杭歯を部分矯正で治した症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/06
上顎中切歯間のスペースを部分矯正で治した症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/05
上顎の前歯一本が出ているのと、下顎の前歯の乱杭歯を部分矯正で治した症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/04
上顎前歯の凸凹を部分矯正で治した症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/03
前歯が出ているのを部分矯正で治した症例
アトラスタワー歯科
部分矯正
2021/5/02
上の前歯の凸凹を部分矯正で治した症例
news
ニュース

ニュースの新着記事

歯科コラム

歯科コラムの新着記事

取材情報

取材情報の新着記事

  • AIR STAGE(2020)

    AIR STAGE(2020) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • AIR STAGE(2019)

    AIR STAGE(2019) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • CLASSY.(2018)

    CLASSY.(2018) 気になる施術の費用とかかる期間をチェック!

調査結果

調査結果の新着

RESERVATION
               
contact us
お問い合わせ
Access
医院案内
アトラスタワーデンタルクリニック医療法人社団山手会
住所
153-0051
東京都目黒区上目黒1-26-1
アトラスタワー2F.3F
アクセス
東横線・日比谷線中目黒駅徒歩30秒
電話番号

2F) 03-5721-4188

3F) 03-5724-3604

診療時間 日・
祝日
10:30-13:00
15:00-19:30
アトラスタワーデンタルクリニック