週刊新潮(2015.03)

インプラントの特徴

週刊新潮(2015.03)

インプラント・矯正治療を始める前に知っておきたいこと ◆第十回◆

=================================================================
インプラントの特徴 〜河合 毅師〜
 − 2ピース編 −
=================================================================

2ピースタイプはインプラントとアバットメントをネジで連結するタイプのもので、装着する部品が2つあり、手術には一回法と二回法があります。

【長所】
①ほとんどのケースで適用できる。(あごの骨が痩せている方や審美性を求める方、全身疾患をお持ちの方など)
②治療の進め方(一回法・二回法)の応用がきく。
③お口の状態と治療経過に合わせて、数種類の中からアバットメントを選択して連結でき、人工の歯の形態を必要に応じて変えることができる。

【短所】
①2回の外科手術を必要とした場合、患者様への身体への負担がかかる。
②1ピースより部品が多いので、費用が高い。
③人工の歯が入るまでの工程が複雑なので、1ピースよりも治療時間がかかる。
④アバットメント装着時、インプラントをつないでいるネジが緩む可能性がある。
⑤インプラント部分に強い衝撃を受けた場合、アバットメントのネジが折れることで、インプラント自体が使えなくなる可能性がある。

■手術は一回法と二回法

一回法では1回の手術でインプラント面と埋め込み、アバットメントで連結まで行います。あごの骨の状態によっては、ヒーリングアバットメントといわれるキャップを歯茎から少し出た状態で歯茎を縫い合わせる方法もあります。その場合には、骨にインプラントがしっかり結合するのを待って、ヒーリングアバットメントを外し、通常のアバットメントを連結します。

二回法では、外科手術を2回行います。1回目の手術で、インプラントを骨に埋め込み、一度歯茎を閉じた後、インプラントと骨が結合するのを待ちます(約3~6カ月)。2回目の手術で、再度歯肉を切開し、インプラントにアバットメントを連結します。〔連結する際、新たに形成された骨が周辺を覆っている場合は少し骨を削ります〕

これらの外科手術を経て、人口の歯(上部構造)の作成へと治療が進みます。

=================================================================
八重歯の治し方 〜藤田 博紀〜
=================================================================

歯がきちんと並ぶスペースが足りなくて、犬歯が外側に飛び出して生えてくる状態を八重歯と言います。八重歯を治すためにはスペースが必要となり、スペースを確保する方法として、
①犬歯の後ろにある小臼歯を抜く。
②犬歯を含む周りの歯数本を削って歯を細くする
−−などが考えられ、犬歯が飛び出しているからと言って犬歯を抜くことはほとんどありません。

これは犬歯が歯根の最も長い大切な歯であるのに対し、犬歯の後ろに生えている小臼歯はほぼ同じ形のものが左右2本ずつあるため、小臼歯を左右1本ずつ抜くのが、機能面・審美面でも最もダメージが少ないと考えられているからです。

①の抜歯をする方法では全部矯正が必要ですが、②の方法だと部分矯正の適応が可能です。

矯正を始める際、八資するか否かは、口元の出具合に最も大きな影響を与えますので、コンピュータによるシミュレーションにで事前確認されることをお勧めします。

=================================================================
執筆者紹介
=================================================================

●河合 毅師(かわい たけし):アトラスタワー歯科 インプラントセンター長 / 印西総合病院総合歯科センター インプラント科 科長 / 東京大学医学部付属病院 顎口腔外科 臨床登録医 / 厚生労働相認定歯科医師臨床研修指導医 / 2003 東京医科大卒 歯学博士(口腔外科専攻)/ 2009 中目黒インプラントセンター長(アトラスタワー歯科内)

●藤田 博紀(ふじた ひろき):アトラスタワー歯科 院長 / 厚生労働者認定歯科医師臨床研修指導 / 1987 広島大学歯学部卒 / 1993 フジタ歯科開業 / 2009 アトラスタワー歯科開業

◼山手会 アトラスタワー歯科
▷診察 朝10時半〜昼1時、昼3時〜夜7時半(月・日・祝は休診)
▷住所 東京都目黒区上目黒1-26-1 中目黒トラストタワー 2階・3階
   (東横線・日比谷線「中目黒」駅徒歩30秒
▷電話 03-5721-4188

 

news
ニュース

ニュースの新着記事

歯科コラム

歯科コラムの新着記事

取材情報

取材情報の新着記事

  • AIR STAGE(2020)

    AIR STAGE(2020) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • AIR STAGE(2019)

    AIR STAGE(2019) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • CLASSY.(2018)

    CLASSY.(2018) 気になる施術の費用とかかる期間をチェック!

調査結果

調査結果の新着

RESERVATION
               
contact us
お問い合わせ
Access
医院案内
アトラスタワーデンタルクリニック医療法人社団山手会
住所
153-0051
東京都目黒区上目黒1-26-1
アトラスタワー2F.3F
アクセス
東横線・日比谷線中目黒駅徒歩30秒
電話番号

2F) 03-5721-4188

3F) 03-5724-3604

診療時間 日・
祝日
10:30-13:00
15:00-19:30
アトラスタワーデンタルクリニック