インプラント1本あたりの値段は?料金相場と治療費を軽減する2つの方法

何らかの理由によって歯を失ったとき、取り戻す1つの方法として挙げられるのが「インプラント」です。

しかし、インプラントは健康保険が使えない自由診療です。どの程度の費用が必要か気になるところですよね。

そこで今回は、インプラント1本あたりの値段と、治療費を軽減する方法についてご紹介します。
インプラントにするメリット・デメリットも解説していくので、ご検討中の人はぜひ役立ててみてください!

インプラントは保険適用外の自由診療

冒頭でもお話ししましたが、インプラントは健康保険適用外の自由診療です。虫歯の治療や定期検診のように、保険証を使って治療することができません。

理由としては、以下のような願望を叶えるための治療だからです。

     
  • ・噛む機能を向上させたい
    ・見た目を美しく整えたい

「ブリッジ」や「入れ歯」をあえて使わず、患者の願望に沿って行う治療だからこそ、国に治療費を負担してもらうことができません。

ただし、先天性の病気や事故による損傷は、インプラント義歯が保険適用になる場合も。一定の条件を満たしている人であれば、このようなケースがあることも覚えておいてください。

なお、一般的なインプラント治療は、各クリニックによって設定している価格に大きな差があります。自由診療になる以上、1本あたりの明確な値段が定められていないんですね。

価格面に不安を抱えている人は、インプラント治療の相場をしっかりとリサーチしておきましょう。

インプラント1本あたりの費用目安

ではさっそく、インプラント1本あたりの費用目安についてみていきましょう。

インプラント治療を受ける場合、次の項目で費用が必ず発生します。

     
  • ・検査・診断費用:1.5〜5万円
    ・インプラント手術費用:15〜35万円
    ・上部構造費用(装着する義歯の費用):5〜20万円

さらにインプラント治療を行う場合、上記の費用以外にメンテナンス費用が発生します。消毒や検診で、数千円程度はかかると覚えておいてください。

インプラントと入れ歯の費用比較

インプラント治療を検討する際に、よく迷われるのが「入れ歯」です。
ブリッジといった選択肢が不可となるケースでは、自由診療のインプラントにするか、保険適用の入れ歯にするか頭を悩ませる人も少なくありません。

では、インプラントと入れ歯では費用がどのくらい変わってくるのでしょうか。

     
  • ・インプラント:1本あたり30万円〜
    ・入れ歯:1本あたり3,000円〜

やはり、健康保険が適用となる「入れ歯」と比較すると、インプラントは値段が高いと感じるかもしれません。
しかしながらインプラントには、入れ歯にはない多くのメリットがあるのも確かです。

インプラントにするメリット

失った歯をインプラント治療にて取り戻した場合、次の5つのメリットが得られます。

     
  • ・食べ物をしっかりと噛める
    ・自然で美しい歯が手に入る
    ・健康な歯を削らなくて済む
    ・骨が痩せるのを防げる
    ・面倒なお手入れを省ける

では具体的にどういうことなのか、一つ一つ解説していきますね。

◇食べ物をしっかりと噛める

インプラントの最大の特徴は、自分の歯と同じような感覚で食べ物を噛めることです。骨にしっかりと固定する形でインプラントを埋め込むことで、人工歯に強い力が加わっても耐えることが可能なのです。

また、インプラントの材料にはチタンがよく使われます。チタンを使用する主な理由は、顎の骨と結合しやすいからです。劣化も防げる素材となるため、耐久力にとても優れています。


◇自然で美しい歯が手に入る

インプラントは、見た目の美しさを整えられるのも大きなメリットです。差し歯のように色が変色してしまったり、入れ歯のように金具が目立ったりする心配もありません。周囲の歯と馴染む自然な色合いを、長く維持することができます。


見た目の美しい歯を長期的に維持したいと考える人に、インプラントが最適です。


◇健康な歯を削らなくて済む

インプラントは、失った歯のみを治療することが可能です。ブリッジ・入れ歯のように周囲の歯を削る必要がありません。


残っている健康な歯を守ることができるため、将来的にみても周囲の歯に負担がかかりにくい治療法です。


◇骨が痩せるのを防げる

先述したメリットで挙げたように、インプラントは自分の歯と同じ感覚で噛むことができます。


一方、入れ歯にした場合にはどうしても自分の歯と同じ感覚を実現させることができません。したがって、咀嚼した際に伝わる顎の骨への刺激が損われてしまい、骨が痩せてしまう可能性が高まります。

顎の骨が痩せると、しっかり噛むのが難しくなるため、硬い食べ物を避けるようになるでしょう。このような悪循環を回避したい人や、いつまでもしっかりと噛み続けたい人にインプラントは最適です。


◇面倒なお手入れを省ける

インプラントは、入れ歯のように自分自身で取り外すことができません。骨にしっかりと固定されるため、感覚的には自分が本来持つ歯と同じです。


取り外して洗浄するといった面倒なお手入れを省くことができます。

さらに、インプラントは食事中に「動く」「外れる」といった不快な症状がないので快適に過ごせるでしょう。


インプラントにするデメリット

多くのメリットが得られるインプラントですが、残念ながら次のデメリットも存在します。

     
  • ・健康保険が使えない
    ・治療に時間がかかる

こちらに関しても、具体的な内容についてみていきましょう。

◇健康保険が使えない

先述したように、患者のさまざまな願望を叶えるインプラント治療は、健康保険が使えません。治療にかかる費用は、すべて自費となります。

高額な費用が発生するため、経済的負担が大きいと感じる人も多いでしょう。
なお、こちらに関しては負担を軽減する方法があります。後ほど詳しく解説するので、ぜひ目を通してみてください。

◇治療に時間がかかる

インプラントは、手術をして終わりではありません。手術をした後も消毒や検診が必要になるため、ブリッジや入れ歯と比較すると治療期間が必要です。

「仕事が忙しい」「プライベートな時間を確保できない」このような人にとっては、大きなデメリットになる可能性があります。

インプラントの治療費負担を軽減する2つの方法

インプラントは、治療するために高額な医療費が必要です。保険によって負担を軽減することができないため、経済的な事情で諦めざるを得ない人もいるでしょう。

しかしながら、インプラントの治療費は次の2つの方法によって軽減することができます。

◇デンタルローンを利用する

まず1つ目の方法は、歯科治療に適用できる立替払制度「デンタルローン」の活用です。
デンタルローンを組むと、歯科医院に信販会社が治療費を先払いし、患者は分割にて支払うことができます。
手数料が発生するといったデメリットはありますが、デンタルローンを組むことによって、次のメリットを得ることが可能です。

     
  • ・分割払いにできる
    ・20歳以上で安定した収入がある人なら誰でも利用ができる
    ・治療費を借りられる
    ・一部繰り上げ返済も可能

一度に高額な費用を支払う負担がないため、経済的な事情に合わせ、無理なく支払うことができます。

また、デンタルローンは歯科治療専用となっているので、フリーローン等と比較すると金利が安くなっているのも特徴的です。分割払いにかかる手数料が優遇されるのは、非常に大きなメリットですね。

◇医療費控除を活用する

2つ目の方法は、医療費控除を活用することです。自分または生計を共にする家族がインプラント治療で10万円以上支払った場合、かかった医療費は所得控除の対象になるんですね。

治療費自体を安くする方法ではありませんが、所得控除の対象になることによって支払った税金(所得税)の還付が受けられます。

なお、医療費控除を活用する場合には確定申告が必要です。仮に確定申告の期限を過ぎていたとしても、5年以内なら申請することができます。

このようなお得な制度を活用することによって、経済的負担を大きく軽減することができるでしょう。

「インプラントは経済的負担が大きいから難しい」
「インプラントは家族に経済的な負担がかかる」

このようにお考えの人は、ぜひ医療費控除による所得税の還付も視野に入れて、前向きに検討してみてください。

まとめ

インプラントは、健康保険が使えない自費診療です。高額な治療費が発生してしまうデメリットはありますが、デジタルローンや医療費控除を上手に活用することで、経済的負担を大きく軽減することができます。

なお、インプラント治療はクリニック選びも重要なポイントです。治療にかかる費用だけで選ぶのではなく、次の3つにも注目した上で、ご自身に合うクリニックを探してみてください。

     
  • ・納得いくまできちんと丁寧に説明をしてもらえるか
    ・症例数の多い経験豊富な医師が在籍しているか
    ・術後のアフターフォロー体制がしっかりとしているか

 

アトラスタワーデンタルクリニックでは、他院からの紹介を受け入れることも多く、「インプラントを支える骨がない」「多くの歯が失われている」といった難症例の治療も手がけています。

インプラント治療をする場合、抜歯から期間が経過していたり抜歯の時期や操作を誤ることで、骨や歯ぐきがダメージを受けてしまいます。

そうならないために歯が残せるのかCT等で総合的に診断をした上で、適切な時期に抜歯を行い、インプラントを埋入し、状況に応じて即時に被せ物を装着します。
このような抜歯即時埋入・即時荷重のコンセプトを応用することで、治療期間中に腫れや痛み、歯がない状態を無くすことが可能です。

インプラントは長期に渡って治療をすることが多いため、技術面はもちろんのこと対応が良く安心して任せることのできるクリニックを見つけることも重要です。

信頼できる医師のもとで、満足できる治療を行いましょう。


news
ニュース

ニュースの新着記事

歯科コラム

歯科コラムの新着記事

取材情報

取材情報の新着記事

  • AIR STAGE(2020)

    AIR STAGE(2020) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • AIR STAGE(2019)

    AIR STAGE(2019) 短期間、目立たない・・・多彩な選択肢から個々の症例に合わせ …

  • CLASSY.(2018)

    CLASSY.(2018) 気になる施術の費用とかかる期間をチェック!

調査結果

調査結果の新着

RESERVATION
               
contact us
お問い合わせ
Access
医院案内
アトラスタワーデンタルクリニック医療法人社団山手会
住所
153-0051
東京都目黒区上目黒1-26-1
アトラスタワー2F.3F
アクセス
東横線・日比谷線中目黒駅徒歩30秒
電話番号

2F) 03-5721-4188

3F) 03-5724-3604

診療時間 日・
祝日
10:30-13:00
15:00-19:30
アトラスタワーデンタルクリニック